ループ・ジャンプ

【ループ・ジャンプの得点表】

回転数 略称 基準 回転不足
1回転 1Lo 0.5 0.4
2回転 2Lo 1.8 1.3
3回転 3Lo 5.1 3.6
4回転 4Lo 12.0 8.4

 ループ・ジャンプは、足の軌跡がループ(輪)を描くような動きをすることから名付けられました。他のジャンプに比べて体の動きが少なく、どちらかというと地味なジャンプですが、スケーティング技術や脚力が要求されるジャンプであるといえます。

 難易度としては、後述するフリップよりもやさしく、サルコウやトゥループよりも難しいという位置にあります。6種類の中ではやや易しい部類に入ります。

 ループ・ジャンプは右足の後ろ向きアウト・エッジで踏み切ります。着氷も、右足の後ろ向きアウト・エッジになります。一見すると踏み切りを両足で行っているように見えますが、右足のみで踏み切っています。

 ループの定義とは無関係ですが、踏み切り時の特徴のある姿勢からも、ループを判別する方法があります。

 ループは踏み切りの時、なるべく体を安定させるためまっすぐに近い後ろ向きのカーブを描き、さらに両手を前後に置き、バランスをとるような姿勢を取ります。

 これはルッツでもほぼ同様の動きをしていましたが、ルッツは踏み切る前にはまっすぐ前を向いているのに対し、ループは横を向き、自分の踏み切り地点をみるような感じになります。またルッツはトウを付きますが、ループはトゥは付きませんので、左足を後ろに下げるような動作は見ら れません。両足を揃えたような姿勢のまま、ジャンプをします。

 難易度はそれほど高くなく、フリーの後半や、女子の場合、ショート・プログラム中に入れてくることもあります。4回転ループは難しいのですが、最近は羽生結弦選手、宇野昌磨選手が試合で成功させるようになってきました。

 ループは、連続して2つ(または3つ)のジャンプを行うジャンプ・コンビネーションの、2番目・3番目のジャンプとして用いられることもあります。同じくコンビネーションに入れることのできるトゥループよりも難易度が高く、より高得点を狙うことが出来ます。

 <次へ進む>: サルコウ・ジャンプ