フリップ・ジャンプ

【フリップ・ジャンプの得点表】

回転数 略称 基準 回転不足
1回転 1F 0.5 0.4
2回転 2F 1.9 1.4
3回転 3F 5.3 3.7
4回転 4F 12.3 8.6

 フリップ・ジャンプは、トゥ・サルコウとも呼ばれるジャンプです。よって、踏み切りのエッジはサルコウと全く同じで、それにトゥを付くようにしたジャンプということになります。

 難易度は、ルッツより簡単で、ループより難しいというレベルにあります。6種類の中ではやや難しい方に入るジャンプです。

 フリップには、大きく分けて2通りの助走があります。

 1つ目は、左足前向きでの滑走からターンし、後ろ向きのイン・エッジに乗ります。フリップはトゥ・ジャンプなので、後ろ向きになった後、右足を後ろに下げてトゥを付く体勢を取り、そのまま両足で踏み切ってジャンプを行います。

 2つ目は、右足の前向きイン・エッジで滑走し、その後、滑走する足を左足にかえます。この時、後ろ向きのイン・エッジに乗ります。以降は1つ目と同じです。

 ジャンプの種類は、踏み切りのときのエッジやトゥを付くかどうかの有無だけで決まります。どちらの方法でも踏み切りは 左足後ろ向きイン・エッジとなり、助走の違いに関係なく、同じフリップ・ジャンプになります。

 フリップはトウ・サルコウと呼ばれるジャンプであるにもかかわらず、フリップの方が難易度が高いのは、踏み切り時の体の向きに原因があります。

 サルコウは、踏み切りの前に右足を回転方向に振り上げるため、踏み切り時には少し回転した状態になっています。対してフリップは、右足を後ろに下げるため、体の向きがやや回転方向と逆を向いています。これによって実質的な回転数がフ リップの方が少し多くなり、難易度が高くなります。

 トリプル・フリップは女子ではやや難易度が高く、トリプル・フリップの成功が勝敗の鍵を握ることもあります。中にはトリプル・フリップ→トリプル・トゥループのコンビネーションを挑戦してくる選手もおり、成功させると高得点を狙うことが出来ます。

 男子では、宇野昌磨選手、ネイサン・チェン選手が4回転フリップを跳べるようになってきています。最近の大会では安定したジャンプを見せているようです。

 <次へ進む>: ループ・ジャンプ